子宮頸がんワクチンのキャッチアップ(打ち控えしていた方の救済措置)

子宮頸がん(HPV)ワクチンの安全性が確認され、積極的勧奨が再開されました

子宮頸がんは、日本で毎年、約1.1万人の女性がかかる病気で、約2,900人の女性が亡くなっています。20歳代から増え始めて、30歳代までにがんの治療で子宮を失ってしまう(妊娠できなくなってしまう)人も約1,000人います。

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因と考えられており、検診だけで予防するのは難しいとされています。世界中で予防接種が進められていますが、日本では副作用の懸念から一時的に接種が中断されていました。

現在では安全性の検証が進み、海外と同じように日本でも接種を積極的に推奨されるようになりました。詳しくは厚生労働省みんパピ!などのホームページをご覧ください。

定期接種の対象者は「小学校6年生~高校1年生相当年齢の女子」であり、本来でしたら該当者以外の方は自費での接種となります。

しかし、2022年4月1日より積極的勧奨の差し控えで打つ機会を逃した方も、救済措置(キャッチアップ)として無料の定期予防接種を受けることができるようになります。

接種対象者

平成9年4月2日~平成18年4月1日の間に生まれた女子

※過去に3回接種をされている方は対象外です。

接種期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日の3年間

母子手帳や問診票などが必要書類がありますので、詳しくは柏原市のホームページをご確認ください